キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 製薬会社への転職はやはり理系出身が有利? : 転職スペシャルサポートブログ!製薬編

転職スペシャルサポートブログ!製薬編

製薬会社への転職はやはり理系出身が有利?

サイトマップ

転職スペシャルサポートブログ!製薬編のmain画像

製薬会社への転職はやはり理系出身が有利?

製薬会社への転職で理系出身が有利に立つのは当然です。

しかしそうでなくても活躍している人は大勢います。

専門性をアピールするなど自分の強みを前面に出しましょう。

◆理系出身が有利なのは当たり前。

結論から言えば理系出身の人のほうが有利です。

素養や基礎においては文系の人を圧倒している感さえあります。

ただし仮に文系出身だったとしても、チャレンジする前から転職を諦めてしまうというのはどうでしょう。

まして理系出身でないから向いていないと決めつけてしまうのは考えすぎです。

医薬品ですから理系に強みがあるのは当たり前ですが、理系でない人でも製薬会社に転職して活躍している人はたくさんいます。

◆研究職でなければ可能性はある。

たとえば大学病院の医師を相手に自社の薬を売り込むMR職の人、品質管理に携わっている人などは理系出身とは限りません。

製薬会社に転職を希望しても、研究職でなければ可能性は高いと思います。

ただし転職するまでまったくの無縁で、医薬とは無関係な仕事をしていたとなると問題です。

そのような人を採用してくれるとは思えません。

製薬に興味があって転職を考えているのでしょうから、何らかの専門性を示せるようにしておきましょう。

自分はこの分野が得意とか、これについては長年研究してきた。

理系ではないけれど、大学ではこれを専攻したなどです。

◆新卒と違って中途採用・転職者には、専門性や実績・実務経験が期待されます。

それが示せないのであれば、転職はむずかしいかも知れません。

製薬会社がなぜ転職者に募集をかけるかというと、即戦力に対する期待があるからです。

そもそも自分には不向きか、などと迷っているレベルでは次元が違いすぎます。

もしかすると考え直すのも選択肢の1つです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム