キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 製薬会社へ転職、どこが評価のポイント? : 転職スペシャルサポートブログ!製薬編

転職スペシャルサポートブログ!製薬編

製薬会社へ転職、どこが評価のポイント?

サイトマップ

転職スペシャルサポートブログ!製薬編のmain画像

製薬会社へ転職、どんなことが評価のポイントになりますか?

製薬会社へ転職するとしたら、今どきはどんなことが評価の対象になるのでしょうか。

製薬会社の視点で考えてみましょう。

◆転職者に希望するのは即戦力になる人。

製薬会社が転職希望者に求人をかけているのは、応募者の中に、即戦力となり得る人材を見つけられるかも知れないという期待からです。

したがって応募先の製薬会社がポイントとするのは、「応募者が即戦力かどうか」です。

業界は厳しい製薬競争にさらされています。

他社よりも早く開発を終えるという競争はもちろんですが、それだけではなく、コストカットや市場開発、医療機関への売り込みにおいて、強いプレッシャーがかけられています。

◆競合する類似の新薬に勝つために。

たとえばがんの治療薬などは、同じような効能をもつ医薬品が他社からもたくさん出ています。

患者の治療に際して、自社の薬を第1選択薬としてもらえるかどうかが生命線です。

医師には患者に対して、どの薬をいちばん最初に処方するか、投薬するかという選択権があります。

1番ではなく、2番薬、3番薬におかれてしまっては、新薬開発のコストを回収できなくなってしまいます。

コストカットや市場開拓も、回収を早めて利益を最大化する意味では同じです。

◆昔は競合する新薬も少なかったのですが、いまでは合法の範囲内で、類似する薬が複数出ています。

即戦略の力ある人に転職してもらいたいのです。

先にお話ししたような事情や背景から、製薬業界には新人を入社させて人材教育に時間をかけている余裕はなくなりました。

営業職でも薬の開発メンバーでも、即戦力が求められています。

転職のアプローチをするまえに、もう一度、自分で自分をチェックしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム