キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 製薬業界の勢力図の変化に不安を感じます。 : 転職スペシャルサポートブログ!製薬編

転職スペシャルサポートブログ!製薬編

製薬業界の勢力図の変化に不安を感じます。

サイトマップ

転職スペシャルサポートブログ!製薬編のmain画像

製薬会社へ転職予定ですが製薬業界の勢力図の変化に不安を感じます。

製薬業界の製薬図塗り替えは、起こるべくして起こったもの、転職を考えている人には、不安よりも将来の夢が大きくなるはずです。

◆経営戦略としての1つの選択にすぎない。

将来設計をきちんと立てて薬科大まで卒業した人にとっては、製薬業界が統廃合によってどんどん様相を一変させてゆくことに不安を感じてしまうのは当然です。

合併、統合、M&Aというと、いまだに会社を乗っ取られたように解釈する人がいますが、実状はそうではありません。

製薬会社のように新薬を開発するのに数百億単位の巨費を投じなければならない業界では、統合して欲しい側が、経営統合を申し出るケースが多いのです。

自社の資本だけでは新薬が開発できず、社員を路頭に迷わすことになるからです。

◆経営統合・買収は健全なもの、神の救い。

経営統合・買収などは、そうして欲しい製薬会社にとっては救いの神なのです。

経営統合によって、危機に直面していた会社は新薬の研究開発をつづけることができます。

またこれまで世界の市場に売り込むためのチャネルやルートをもっていなかったのに、その日から世界に向けて医薬品を販売できるようになります。

世界の製薬業界の構図は、このような利害関係の一致から、前向きに進められてきたものです。

◆製薬業界の勢力図は今後も塗り替えられます。

しかし決してその時の見た目の勝ち負けで将来が決するものではありません。

これから製薬会社に転職しようとする人は、転職というキッカケを利用して、もう一度製薬業界の有り様を勉強してみてください。

ポジティブに捉えられる事象が着実に進行しています。

日本の製薬会社や技術も、すでに新しい段階に入っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MENU

おすすめアイテム